FC2ブログ

僕は明日、昨日の君とデートする

僕は昔から周りにどう見られているかを気にする。


だからか、派手な感情表現は苦手だ。


妻や両親に対しては例外で、要は内弁慶です。
いや、内弁慶なのかな。
負の感情は妻や両親に対してもあまり表にださないようにしてる。


そのせいか、そもそも妻や両親と接していて
嫌な思いもすることがほとんどないんだけど、
妻とは出会って13年、お互いなんとなく機嫌が悪いことはあっても
喧嘩らしい喧嘩を一度もしたことがない。
母親とも言い合いらしい言い合いをした記憶は中学生くらいまで遡るし、
父親とはそもそも言い合いらしいことをした記憶がない。


だからといって、まったく喧嘩をしないかといえばそうではなくて、
妻の前に付き合っていた人とはわりと会えば喧嘩していた。
よく2年も付き合っていたと思うし、
あれだけ感情を表に出していた時期も僕にとっては珍しい。
貴重な期間だったかもしれない。



そんなわけでというか、苦手というか、
感動する映画などをみても目が潤むことは珍しくはないけど、
両頬を伝うほど涙をながすことは珍しい。



僕は明日、昨日の君とデートする



最近、何年ぶりかわからないくらい久しぶりに
ボロボロ涙を流した映画。


おっさん、若者の恋愛に年甲斐もなくボロ泣き。


映画や漫画でもそうなんですけど、
リアリティがあるものが好きで、
この映画(検索したら漫画が一番にでてきたから原作は漫画?)は
あまりリアリティのない設定で、ツッコミどころもあるけれど
それでもボロボロと泣いた。



気持ちがよかった。



感情を表にだすのは、気持ちのいい生き方なのかもしれない。



なかなか性格を変えていくのは難しいけれど
もう少し思ったことを表にだせるようにしていきたいと思います。


そのほうが周りの人も接しやすいでしょうね。


同じような性格の人、いるかな?


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

プロフィール

まさう

Author:まさう
40歳を超えて不惑どころか
足元がぐらつきだした人。

妻と2人で暮らしています。

2018年、滋賀県に
引越したのをきっかけに
生活をシンプルに、健全に、
見直していきたいと思っています。

広告

-----

ご訪問ありがとうとざいます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR